トップページ > 分類一覧からさがす > 観光情報 > 観光スポット > 特産品 > ひたちなか市特産品「ほしいも」について

ひたちなか市特産品「ほしいも」について

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年2月1日

ひたちなか市の特産品「ほしいも」について

茨城ほしいも対策協議会のページ
茨城ほしいも対策協議会のホームページ

当市は日本のほしいもの生産量の7割を占めると言われる,日本一のほしいも産地です。
ほしいもとは,白い皮の原料いもを収穫後に寝かせて甘みを出し,その後長時間蒸し,
つき台と呼ばれる台でスライスした後に天日に干してつくられる天然の甘味です。

ほしいもの歴史

古くは100年ほど前,明治時代に静岡から伝播したと言われております。
昔から高級甘味として重宝されており,現在でもお歳暮などの贈り物に好まれています。

ほしいもの特徴

麦芽糖などのお芋由来の糖を多く含み,それでいてカリウムなどの栄養価も豊富で,
さらに食物繊維も多く含有している食品です。
お芋由来の自然な甘さは,火に炙ることでいっそう引き立ち,ほしいも自体もやわらかい歯ざわりになります。

ほしいもを購入したい

市役所では販売しておりませんので,直接生産農家さんか,販売業者さんにお問い合わせください。

茨城ほしいも対策協議会のホームページに連絡先が掲載されております。

ほしいもの写真です