トップページ > 組織・課名からさがす > 環境保全課 > ひたちなか市の環境を良くする会とは?

ひたちなか市の環境を良くする会とは?

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月14日

 この会は,市民,事業所,民間団体と市が互いに協力しあいながら,地球温暖化の防止,ごみの減量,地域の良好な自然の保全,大気・水質の保全などを進めるため,ひたちなか市環境基本計画(改定)で目指す環境像である「暮らしと自然が共生し,ゆとりと潤いのある自立協働都市」を築いていくことを目的としています。

何をやるの?

平成26年度には,次のことを行います。 

  • 環境シンポジウムの開催・・・小・中学生や団体,事業者がそれぞれの環境活動を発表する環境シンポジウムを企画・運営します。
  • 環境講座の開催・・・地域から日本から地球の環境問題について学習するため,研修会や市内の自然観察会などを開催します。
  • 意識啓発活動・・・市が開催する「消費生活展」に参加し,環境に関する意識啓発・普及を行います。
  • 意見交換会の実施,会報の発行・・・会員全体の意見交換会の開催や,会報の発行により,会員間の交流を図ります。
  • 分科会・委員会の開催・・・随時,各分科会(ごみ問題分科会,温暖化防止分科会,自然環境分科会)や委員会(広報委員会,環境学習・イベント委員会)を開催し,具体的な活動を進めていきます。

入会する意味は?

 皆で取り組むことにより,様々な環境問題を解決していきます。 参加者には以下のメリットもあります。

  • 環境に関する活動の場が得られます。
  • 環境に関する様々な活動がしやすくなります。
  • 会員同士のつながりやネットワークができます。
  • 環境に関する情報が共有できます。
  • 実施する事業のPRになります(事業所,団体)。

   環境運動をしているグループ

入会するには?

 この会には,ひたちなか市に在住,通勤,通学又は活動している方(団体,事業所も含みます)で,会の目的に賛同する方であればどなたでも参加できます。

 実施する事業については原則として市が負担しますが,会の運営費として,次の年会費をいただきます。

  • 個人会員・賛助個人会員     500円(1口)
  • 家族会員・賛助家族会員     500円(1口)
  • 団体会員・賛助団体会員    1,000円(1口)
  • 事業所会員・賛助事業所会員 2,000円(1口)

※ この会では,共通して取り組める(会の目的に沿った)活動を行います。そのため,各々の活動を尊重し,会としては各々の活動に介入しません。

平成26年度役員

平成26年度役員
会長栗田 裕子
副会長原口 真美江
幹事

渡辺 寔
武田 裕子
飯村 歳永
井上 勇
山形 信嗣
照沼 新一(環境保全課)
瀧沢 敏雄(ごみ問題分科会)
斎藤 保夫(温暖化防止分科会)
磯前 博巳(自然環境分科会)
深谷 悦男(学習・イベント委員会)
若林 邦雄(広報委員会)

会計 

原口 真美江(兼務)

監事桐原 悦子
北島 荘太郎
  木を植えている様子